上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライトノベル風にタイトル打ってみました。


いち父「オイ。煙突掃除しようぜ」(←高所恐怖症)

「ヤダ。明日結婚パーティーに呼ばれてる。煤で爪の間、黒くなる」(←屋根に上る実行者)

いち父「そんな事言ったって、早くやらないと、もう焚き始めちゃってるし…。火事になるぞ」(←フライング気味に初焚き済み)

「焚くの我慢しなよ。煙突掃除はパーティーの後で」

みたいな、会話を先々週あたりしたんですけど、
結局、雨が降ったりなんなりで、
今週やっと屋根に上りました。

IMAG0698.jpg


(煙突掃除しないで急に焚いたから、煤が上昇気流で吹き上げられ、煙突周囲に散らばっていました)










↓今年の煙突&煤の様子。
4シーズン終了後。
年に1~2回は掃除しているんだけどなー。
年々煤のたまりがひどくなっていっているような…。
IMAG0696.jpg
IMAG0694.jpg
IMAG0695.jpg
IMAG0697.jpg
これは、昨シーズンに焚いた分の汚れ。
ヘッドの部分が特にひどい。
溜まり過ぎじゃないですか?どうなんでしょう。

煙突自体の劣化も気になる。
耐熱塗料で塗りなおさなければいけない感じ。
IMAG0699.jpg

ランキング


(今年も煙突掃除お疲れチャン、自分)




久しぶりに梯子持ったら、屋根の上でフラフラしちゃいました。
色々細かいメンテナンスも必要そうだし…次回はプロにお願いしてみようかなあ。
スポンサーサイト
先日、ASOKO原宿店とタイガーコペンハーゲン表参道店へ行ってきました。
激安雑貨が人気のお店です。
IMAG0686.jpg
私、長野にすんでいるんですけど、たまたま東京に用事があったので、寄ってきました。
両店ともオープンしたばっかりなので、混雑必至。
「ちょっと寄った」程度の心持で来店すると痛い目に遭います。
IMAG0687.jpg




(人の山、山、…)









10時頃タイガーコペンハーゲンに行き、12時20分から入れる整理券をもらいます。
11時から開店ですが、こちらのお店は並んではいけないそうです。

で、ASOKOに移動。
10時過ぎから開店の11時まで並びました。
直射日光きつくて汗だくだく…。
途中整理券も配られましたが、タイガーの時間とかぶってしまうので、仕方なく並びました。
並んだ人は開店と同時にほぼ全員入れました。
お店は二階までありますが、いったん入ると中はギュウギュウ。
自転車とかカイトとか、人気商品は売り切れでした。
バーゲン会場みたいで、全然ゆっくり見れなかった…。
レジは沢山あるのでそんなに並ばなくていいですね。


で、ソッコー買い物終わらせて、タイガーへ。
こちらは警備員さんがしっかり整理していて、時間どおりに入店し、多少余裕をもって店内回れました。
ただ、レジが激コミ。
店内何周もできますが、一方通行の為、レジに並ぶ為最低2周する必要がありました。




で、苦労して買ってきたもの。
IMAG0692.jpg
↑ASOKOにて
小さいギター 980円
小さいスケボー 500円
ヘアアクセサリー 100円×3P
ランチョンマットとコースター各5枚セット 210円
小さい地球儀 100円

IMAG0689.jpg
↑タイガーにて
スポンジ4P 100円
ケーキスタンド 400円
兎のライト 200円×2個

大体娘のおもちゃとか…。
すっごい重かったです。持ってくるの大変だった…。
表参道で一番、大量の荷物抱えて歩いてた人でした。
私、買い物の仕方が長野式だって気付きました。(長野式←車で移動するので、量とかカンケーなく買う)


ランキング


(←お買い物は好きだけど、行列と歩くのは苦手だ…)





ちなみに、そこらじゅうでパンケーキに行列している人々を見かけました。
最初なんの行列かわからなくて、「なんスカ?!なんの行列なんスカ?!!」
って、力いっぱい聞いちゃいました。
あと、ポップコーンの行列もスゴイ。最後尾見えませんけど。
TVで噂は聞いてたけど、どんだけウマイの?!ってびびりました。
みんな、体力&忍耐力有りすぎ。
私、足が痛くて、その後予定していたお買い物もできませんでした。
結局、こんなに買ったつもりで、3000円余り。
経済回すのに貢献できなくてごめん、安倍さん…。
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その①
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その②
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その③
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その④
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その⑤
のその後の話。


ヒッチハイカー山本君が帰った次の日。
山本君本人から電話があった。

「昨日深夜に大学につきました」

あれ?夕方のサークルの集まりには間に合わなかったのかな?

「実はあの後、また色んな人に拾っていただいて…。長野県内を色々観光しました。
最後諏訪から山梨に帰ろうとしたんですけど、その時乗せて下さった方が、投資家?というお金持ちだ、という方で…」

で、その自称お金持ちにご飯をおごってもらい、温泉に入れてもらい、のんびりして帰ったら深夜で誰もいなかった、と。

突然のカムバックが叶わず、友達を驚かせられなかったのは残念だったけど…
最後まで苦労知らずの旅だったな、山本(笑)

「記念に最後、大学で野宿して朝になり、こうして電話しています。これから家に帰ります」

ちゃんと帰宅報告、えらいぞ山本君。
無事帰れてよかったね。



電話を切った後、ふと、隣の棚にある、焼酎の瓶に目がとまる。
山本君の置き土産だ。
よくよく見ると、ラベルにメッセージが。
もらった時は無かったけれど…いつの間に書いたんだろう。
IMAG0693.jpg







と、言う訳で、さみしくも山本君が帰ってもうすぐ一カ月。
先日、大量の高級茶とウナギパイが送られてきました~。(山本君の実家、静岡のお茶屋さんらしい)
ごちそうさまです。

家に居ながらにして、旅した気分を味わえました。
山本君、お元気でー☆

ランキング


ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その①
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その②
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その③
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その④
の続き。

ヒッチハイカー山本君、一泊後の朝。

山本君「いってらっしゃい」

なんか、知らない人が我が家で旦那を送り出すという、奇妙な光景(笑)
いち父は「い…いってきます。じゃ、山本君も気をつけて」
と、未だに意図が飲み込めないような顔で出勤。

時間が有り余っている山本君と私たちは、ゆっくり朝食を食べながら、これからの事を話す。

山本君「今夜7時に大学に到着したいんですけど、まだ時間がありそうなんです。長野の善光寺や安曇野のわさび農園に行ってみようか、と」

「今日、上田まで行く用事があるからそこまで送るよ。暇だから、長野くらい行ってもいいけど、山本君も色んな人の車に乗りたいだろうし」

どこで降ろしたら楽かな?と聞くと、山本君は呑気に「どこでもいいっすよー」と、適当に言った。
それは気を使っている、というより、本当にどこに降ろされても、次、車を捕まえる自信があるからだとわかった。
... 続きを読む
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その①
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その②
ヒッチハイカーを乗せる。そして泊める。その③
の続き。

夕飯後、うちのノートパソコンで、旅の写真のスライドショーを観る事になった。
明日で旅を終え、山梨の自宅に帰る山本君。
その記録は全国の旅、ほぼ全工程を振り返るものだった。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。