上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1010631_convert_20080622235904.jpgオリンピックがいよいよ開幕しました。

今回は開催国が中国という事で、色々な国際問題がクローズアップされた気がします。
長野でも、聖火リレーは物々しい雰囲気でしたね。
善光寺はチベットを擁護し、話題になりました。

そんな時いち父がつぶやいていました。

うちではチベットも中国も仲良くやってんのにな

何のことを言っているかと言うと、

家の中のモノ達の事です。


F1010787.jpg
これはチベットの絵だそうです。
いち父が以前仕事で中国に駐在していた頃、買った、と。

いち父「なんだかよくわからないが、
とにかくおめでたい絵であると聞いた」

      F1010788.jpg


F1010632_convert_20080626015509.jpg


その絵は、中国民芸家具や、和家具と一緒に同じスペースにいます。

(そう思って家中見回すと、家具だけでも、多国籍。アメリカやノルウェー、ドイツやイタリアなど等、まさに「インテリアのオリンピックや~(古)」状態。)


計画性・統一性なく多趣味ないち父の結果的なインテリアですが、
ミャンマーの絵は私も気に入っています。

あのカラフルなところが、部屋の色を限定させず、包容力があるからです。


カラーコーディネートされたお部屋は、完成された美しさがありますよね。
いつかは自分も自分の好きなものや色に囲まれて過ごしたいと思います。
だけど、「この色のものだけしか置かない」という縛りになってしまったら、今は苦しいと思うのです。

ただでさえ、モノ・イロがあふれる要素多いのに。。。
カラフルなおもちゃとか、散らかすダンナとか、散らかすダンナとか、散らかすダンナとか。。。

アジアンなお部屋は、その統一された落ち着いた雰囲気がいいトコロです。
が、度を過ぎると、その秩序を守ること自体、雑な私には負担。


つまり、この、イロ・モノ・クニにあふれた、曖昧ないい加減さが、
うちにとって平和的なのかもしれません。




  

平和的に一人で片付けを頑張るいち母に*一票*
     →人気ブログランキングへ
      
にほんブログ村 一戸建へ



Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/86-09371dc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。