上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.30 ワークトップ
F1010773.jpg
キッチンのワークトップはいち母希望のステンレス。

傷ついた感じに憧れてました。
ぴかぴかだった分最初のひとつふたつ傷はショックでしたが、
傷が増えると、味っぽくなりました。

いまいちお手入れの方法が確立しません。
最初は乾拭き仕上げをしていましたが、
現在は力尽き。。。

でもこの男っぽさが私には合っているんじゃないかと、前向きに考えて。

水はね&油はねガードはなしです。
食洗機とIH、奥行きのあるワークトップ幅があればいらないと思っていました。
実際、床に汚れは及びません。
さすがに壁面にはキッチンパネルを張りました。

カウンターの高さは90センチ。

最近の主流は、『身長÷2+5センチ』から『身長÷2+5~10センチ』に移行しつつあるとの噂を聞きました。
高さに迷っているとき、Fさんも、「いち母さんよりもっと小さいヒトも90センチでしたよ」。
私、160センチちょっと。計算すると、85~90センチ。
85か90か。どっちにするかで迷っているのだから、困ります。
アパートで使用のキッチン85センチ。
これでも結構不満はありませんでした。
ただ、洗い物はわずかかがんでいる意識はあり。辛いってほどではない。
ショールームに行ってみました。が、作業まではできないので、いまいち明確に答えが出ない。

結局
腰は大事にしたい、という気持ちから90センチを選択。

使ってみて…  ちょっと高かった気もします。
作業中スリッパ履かないからかな。。。
IHも、かき回す動作が肘にきます。
鍋やボールは、なおの事疲れます。粉モノ捏ねもきつめ。
洗い物はすごく楽になりました。でも、食洗機にほとんどやってもらっているので、恩恵は薄いのです。
答え=88センチ?微妙。



toto_05.jpgちなみに
いち父がTOTOのショールームで
クリスタルカウンターをきらきらした目で見ていました。
飛行機の羽と同じ素材でできていると。
値段をみて、むしろお札に羽、を想像し(発想・古)、却下。
  (しかも、いち父・自分好みの古民家からは離れていってます。。。)
シンプルモダンなお宅にはいいかもしれません。
カウンターシンク一体型もでて、洗練されています。



参加してます*人気ブログランキングへ<






 
Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/69-1d14e0d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。