上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gd_img.jpgうちで大活躍の食洗機です。
ミーレ1530。

この記事を書くにあたって改めて調べましたが、
私には使いこなせていない機種でした。
初めて知りました。
設備関係は上を見るときりがないと思い、あえて詳しく確認していなかったからです。
   →ミーレ ホームページ 機能比較

こうして比較しながら使ってみると、
実際同メーカー他グレードと比べて役に立っているのは、フィルターチェックランプ・残時間表示くらいかもしれません。
せっかくのタイマー機能も、オール電化ではないので、ほとんど使っていません。
タブレット機能も、日本では対応型がないので使っていません。(日本発売のタブレット洗剤は、粉洗剤と同じように使う)
あと、ワイングラスが洗い易い様工夫があるようですが、ワインもさほど飲みません。

もしかして、機種を検討すれば、10万円は安くなったかも??。


長いミーレの感想・つづく↓

                             参加中です*人気ブログランキングへ<
しかしながら、広い庫内は余裕でまる一日分の食器が入ります。
飲み物飲んだら、グラスは直接食洗機に入れます。そんなに汚れがひどくなくても。
鍋もフライパンも入れると、決して大きすぎることはないのですが。

一日1回夜に運転していますが、
最近は朝分をプレウォッシュ(予洗い)していません。
以前はしていたけれど、しなくてもきれいになる気がしてます。やった方がいいのでしょうか。
そのかわり、水道で大きい汚れを落とします。
本来手洗いの予洗い不要・が売りのミーレ。が、真に受けていたら、フィルターのチェックランプが頻回につきました。

洗い上がりは満足ですが、乾燥は国産のものより弱い気がします。
これはインターネットで調べた評判どおりでした。
ただ、乾燥がやさしいので、木のお椀もプラスチックの蓋もそんなにダメージは感じられません。
従来の余熱乾燥・循環タイプに1530と1102は熱交換機能が加えられているということなので、
いくらか改善されているはずなのですが。。。
蓄熱しない素材(木やプラスチックなど)は明らかに乾きにくいようです。
運転後、庫内の蒸気を逃がす為、私は説明書のアドバイスどおり扉を開けています。
この扉を開けている見た目が大分生活感がありますので、対面式で隠れていて良かったと思います。
それでも若干水滴が残るものは、背面においている別の小さい水切りカゴに放り投げておけば、そのうち乾きます。
それくらい拭いてしまっても良いのですが、引き出しにわずかながらも湿気が溜まりそう。。。と思い。

乾燥仕上げ剤を使うと、たいぶ綺麗に水切れします。
最初にお試しとしてついてきたものを使っていましたが、すぐなくなりました。半月持ちませんでした。
スーパーで買うと一本700~800円はするので、ひるみます。
ケチって使わなかったら、グラスの水垢が気になる様になりました。
最近洗い上がりのグラスが生臭い気がするのは、このケチりのせいでしょうか。ファイルター掃除をもっとやったほうがいい?←(追記・洗剤量増やしたら改善されつつあります。。足りてなかったか?)
インターネットでまとめ買いが安いそうなので、今度頼んでみようと思っています。

主に使っているコースは節約コースと普通洗いコース(センサーウォッシュ)。
節約コースは3時間くらいかかりますが、コストは普通洗いの3分の1強、とメーカーの方が言っていました。
センサーウォッシュは2時間くらいですが、汚れがひどそうな時に使っています。
洗い上げの速さは重要だと思っていたのですが、その分高温で運転する為、コストがかかるそうです。なので、クイックウォッシュはほとんど使いません。
だいぶ節水・節電してくれるようですが、計算したところ、うちのように使った場合月700円~という感じでしょうか。
手間を考えると、高くないと思います。
むしろ、私のつたない手洗いよりは安いはず。

そして、私、普通はあまりない、ミーレ体験をしました。
それは、給水を水にした場合とお湯にした場合、両方で洗ってみたこと。手違いでお湯に接続されていたのです。
国産はほとんどお湯だと聞きました。
ミーレは基本水、お湯でもまあ良い、というスタンスらしいのです。
最初お湯に接続されていると知ったとき、直してもらおうか迷いました。
うちは都市ガス給湯。本体のヒーターで沸かすより安いのではないか、と考え。
メーカーの方々と話し合ったけれど、結局明確な数字は分からない、と。
それよりも、最初にたんぱく質汚れを落とす為に水洗いをする。その時お湯が出たら、たんぱく質は固まって落ちにくくなるのでは、という意見が多かったのです。

実際お湯で使い始めていて、洗い上がりに不便はなかったのです。
むしろ配管を繋ぎなおすことで、綺麗になっているものにメスを入れる様な抵抗を感じました。

結局は水にしてもらったのですが、
うーん、確かに…キレイ…か??っくらいの微妙な違いはありました。
みなさんのうちはどっちにつながっているんでしょうか。


(追記・木やプラスチックも洗っていると書きましたが、安物・ボロ品です☆説明書には木製や耐熱性のないプラは洗ってはいけないとあります。。コメントもよんでくださいね☆)
 



Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/68-a3facc5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。