上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.20 打ち合わせ
うちのテーマは「土間のある家」となりました。
いち父の趣味の土間です。

もちろんいち父大喜び。
いち母も一安心。だって、あの大量の趣味のモノ達の片付け場が確保されたのだから。。。



打ち合わせは主にFさんの事務所に通いました。
週末にドライブがてら行くのがけっこう楽しみで。
細かい設計変更は繰り返したものの、大まかな間取りはそんなに変わらなかったと思われます。
手持ちの家具など見てもらいたくて、一度アパートに来ていただきました。

いち父の道楽の数々(竿やミニカーたち)を楽しそうに眺めるFさん。
『オトコのロマン系』を理解するタイプのようです。



うちは
「建築は急ぎません」
と言ったものの、
年度内に竣工できれば、控除が有利になることは気になっていました。

そんな気持ちをFさんも察してくれて、
最後のほうは、ちょっと急ぎ気味の打ち合わせとなっていきました。
おかげで年内の控除枠に間に合い、ありがたかったのです。

しかし、時間が迫ってきた最後のほうは、
言い忘れてしまったことや、しっかり確認できなかったこともありました。
半年打ち合わせに時間をかけましたが、
もっともっと考えてもいいくらい。。。って感じです。

第一、計画をアレコレ考えているこの期間が、一番楽しいのです。
メンドクサイ、とか、私的に一切ナシ。
図面を見ながら、新しい生活を妄想するのが何よりなのです。



打ち合わせの中で、自分の生活を省みれる事も貴重です。

建築家のヒトと打ち合わせていて良かった、と思ったのは、
自分の固定概念をゆるくしてもらえ、
生活の改善点のヒントをもらえる事。

注文住宅でとにかく自分の思い通りの家を…というのはもちろんすばらしい事ですが、
より良い生活の為に、いろんな間取りをみんなで検討していく作業も大切だと思います。




Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/43-3f267095
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。