上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べた事のないメニューを作るのは緊張する事ですが、
それを薪ストーブで…となると、さらに挑戦度が増します。

リエット…というのは、フランスのお惣菜で、豚肉のディップ?パテ?みたいなものらしいです。
レシピ本で初めてその存在を知りました。


バゲットの薄切りにつけて食べるようで、主に肉の脂を楽しむ向きもあるので、私の中では「肉バター」と、理解しました。
てか、そんなん食べた事ないしー。
しかし、冷蔵庫に豚肉が余っている事と、
なにより「一時間コトコト煮込む」という過程が薪ストーブ向きと判断して、無理やり調理開始。

PA249865.jpg


が、バラ塊肉というレシピをいきなり無視してスタート。
豚汁用細切れ使用。

レシピ、あんまり読み込んでなかった…。






PA249867.jpg

ブーケガルニ…無い。ローリエだけでいいかなー。
チキンブロス…??  ふんふん。鶏肉とブーケガルニ等を煮込んだスープ…って、ブーケガルニ無いって。(ささみのゆで汁で代用。)

玉ねぎ無い時点で諦めればいいのに、まさかの長ネギ投入。
白ワインのかわりは日本酒で。
この時点で完全に料理の国籍変わってます。




全ての材料を炒め、一時間煮込んでフードプロセッサーで細かくしたら…
できたー!

PA249868.jpg

奇跡。おいしい。

すごいなー、主要メンバーを欠いてのこの善戦。
ちゃんと作ったら、かなりおいしくなる可能性を感じました。

ただ、私気づいたんですけど、塊肉を使っていない時点で薪ストーブで長時間煮込む必要性はなかったのでは?
細切れ肉だったから、肉の味が抜け切ってました…。

ランキング


(←それでも粘り強く薪ストーブカテゴリー参加中)




薪ストーブを活用したレシピ…を、いつかお届けします…。

Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/382-eeb7615a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。