上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私は、女性を助けたいと思っている」

世間話の途中、
突然そう切り出したフィデアさん。
「はい?!」と思いっきり聞き返してしまいました。

フィデアさん「女性を助けたいと思っている。日本ノ女性は…我慢することも多い」



誰をどう助けたいとか、そういう話ではないんです。
それは、例えば、
レストランにきた誰かの心に寄り添おうとする、そんな雰囲気のお話。
それをごく自然に、押しつけがましくなく、でも、静かに熱く、語ってくれました。
内容は若干スピリチュアルな部分もあり、
無宗教の私には、にわかに理解しがたい話もありましたが、
彼女が誰かの為になりたい、そんな献身的な空気だけは伝わってきました。

「神様がそうさせたと思っているの」

私がフィデアさんの馴れ初めをニヤニヤしながら聞いたときにも、そうおっしゃっていました。
ご自身の宗教観に裏打ちされた言葉ですが、私には新鮮でした。


フィデアさん「今度は旦那さんと一緒に来てくださいね」

また、来ます。(やっぱり旦那抜きだろうけど!笑)

P4036960.jpg




(デザートのプレートには、さり気にメッセージも)









P4036956.jpg















食事も終わり、お会計を済ますと、
入口に、フィデアさん母国での福祉活動の報告がありました。
それを見て、「え~と、コレをコレに」と、お釣りの幾ばくかを、受け付けの女性に置いてきました。(いや、もうほんのちょっとなんですけど。)
私は募金やボランティアの類は、その意味や意義を真剣に考える、
割とめんどくさいタイプの人間なんですけれど、
フィデアさんが旦那さんと出会って長野に来たのが神様のさせた事ならば、
私が募金するのも神様がさせたことだろう、と、妙に素直に思い、そうしてきました。

お礼とか言われたら顔が引きっちゃうので、車まで走るように逃げました。
そしたら、私の忘れたベビーカーを抱えて、フィデアさんが笑顔で追ってきました(笑)
P4036983.jpg
その後は併設のワイナリーショップに。
P4036984.jpg
本店限定ジャムとジュースを購入。
で、カフェでダメ押しのジュースアゲイン。レストランでも飲んでるので、お腹たぷたぷ。
P4036986.jpg
P4036987.jpg
嵐で空いてる…って事もあるんでしょうけど、
お店の人がみなさん、やさしく話しかけてきてくれるんです。
店員さんだけでなく、外で植木を手入れしているおじさんでさえ、笑顔で挨拶してくれます。
なんだココは。善人が集まる楽園か(違)

店員さん「これから夕礼があるんですよ。うちの会社は朝礼じゃなくて、夕礼。あの丘の教会で毎日やるんです」

こんなにきれいで空気の美味しい所で、毎日教会で夕礼…。
そりゃ、人間も精製されていくわー。




と、言うことで、きれいな風景と美味しい料理、素敵な施設にやさしい人々。
日帰りでも充分癒された、親子三人旅でした。
最初、高速降りた時、「なんもねー」とか叫んでしまって本当悪かった。
スゴイとこだ、飯綱町。
きっとまた来ます。
Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/363-9a00ae80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。