上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回。カビを削ろうとし、大穴をあけた浴室木壁。いよいよ補修と相成りました。
P4207146.jpg




はがした壁のヒノキ板。
やっぱり裏からかびている…。












下地のベニアもかびてます。

大工さんは「いやー。まだ、この下地は使えるな」
と、言っていましたが、頼んで替えてもらいました。
「ベニア無かったら、私、ホームセンターで買ってきますからっ!!」
って、必死に訴えて(笑)








おかげさまで作業は無事終わり、新築の様なキレイさを取り戻しました。
その後、塗装は自分でやったもので、疲れて出来上がりの写真は撮っていません。
新しい見切り材は、少し角度をつけて水が切れやすい感じに施工してもらいました。
もちろん無垢のケヤキで。
見切り材無し…の施工も考えましたが、他の面とのバランスもあり、結局つけることに。


そして今回もお世話になった木壁の防腐塗料↓
木肌一番 浸透性木材保護・防汚剤 0.45L

木肌一番 浸透性木材保護・防汚剤 0.45L
価格:3,800円(税込、送料別)


ブログで教わったノンロット205N

も気になりましたが、
前回の塗装の上に重ね塗りしたかったので、今回も同じものを。
塗った直後は本当によく水をはじきます。

ランキング


(←大工さんに「いや~奥さんは本当、大工仕事が好きですね」って言われた…)





私が塗料を準備している姿をみて、大工さんが私をDIY好き女子と勘違い。

大工さん「塗装までする奥さん、なかなかいませんよ~」

あの、好きでやってるんじゃないですから!
必要に迫られて、渋々ですから!!


Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/359-ee9f02b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。