上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いち父「今年はなあ、お前のブログを俺様の山野草で埋め尽くしてやる!!!」


山野草…。いち父が今最もハマっているものなのです。
山で採ったり、近所で買ったりして庭へ植え。
PAP_0177.jpg

山野草か…魅力って何?

いち父「可憐だろ。上品っていうか」

いち父に花を愛でる心があったとは。
しかし、山野草っていうところが渋いんじゃないんでしょうか。なんか意外。

いち父「お前さ、近くの山に行ってみろ。ネットで1万円もする山野草がワサワサ咲いているんだぞ。宝の山だ。とはいえ、知っている奴は知っているからな。先を越されて採られる事もあるんだぞ。咲くポイントを探して、いい花をゲットできたときの喜びったらない

純粋に山野草を愛してって言うより、いち父の中でうごめく狩猟本能が彼を山へ向かわせている…ような。
でもまあ、違法な採取でない限り(知り合いの山)、いい趣味ではあるの…かな?

いち父「よし、明日も山野草採りに行こう。一緒に行こう!!」

うーん。私は行かない。
そこまで山野草の魅力をわかりきっていないっていうか、めんどくさいっていうか…。
いちもDVDに集中しながら「行かなーい」とポテチをボリボリ。


すると、いち父。責めるでもなく呆れるでもなくポツリと呟いたのです。

いち父「お前たちさ。キャンプに行きたいだのアウトドア活動したいだの言って、色んなアウトドアギアを選んだり買ったりしているけどさ。
道具を自然に持ち込む事がアウトドアじゃないだろう。
自然の中に入って行って自然そのものを楽しむのがアウトドアなんじゃないの?」


むむ…。
いち父のくせに正論を言う。

確かに最近「オサレなキャンプ場に行きたい~♪」とか、「かっこいいキャンプ道具が欲しい~♪」とか、
趣旨のずれた方向に興味が強かったような。

アウトドアの楽しみやそこから学ぶものって、もっとスケールのおっきなものなのかもしれない。



いち父「まじで山野草、超面白いって」



ランキング


(←私、自然との向き合い方をもうちょっと考え直した方がいいかも)





いち父「ちなみになあ、あのインターネットで買ったヤマシャクヤク。
発芽や開花まで何年もかかるんだぞ。
俺が出張の間、水くれ頼んだぞ。
花が3日しか咲かない、貴重なものだからな。枯らすなよ」



と、言うことで、
私が心を入れ替えて大事に育てた結果、















CIMG0186.jpg


ヤマシャクヤク、見事開花。
旦那の長期出張中に(笑)

ホントに3日で花終わった…。




(追記・山野草の採取は自然保護の為に控えましょうー)
Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/302-59a95119
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。