上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.10 骨董市で
近所の骨董市祭りに行きました。
そこで運命の出会いあり。

ビクター犬、ニッパー君です。
最近はソフトバンクのカイくんとコラボして話題になりましたが、
kaikunn.jpg
私は何年も前から大好きでした。

独身時代などはニッパー君が置いてある居酒屋に通い、
私「これ頂戴」 店主「ダメ」、を繰り返し、
友達の部屋にあるのを発見して
私「これ頂戴」 友達「ダメ」
と繰り返し。
街の古い電気屋さんのウインドーに張り付いては不審者扱いされ、
そんなに好きな割にオークションの高値にはひるみ、
今回やっと手に入れた次第です。ビクター犬


一体だけ。
でもレアな18センチバージョン。
3000円は安いと信じたい。

とりあえず置く所ないので、換気扇の上で
イケアの時計と座っています。

時間を確認する時、
ニッパー君がこっち向いてる。

ちょっとした癒し☆







ちなみに変な顔が刻印された鈴も買ってみました。
100円。値切る前にいきなり半額提示され、勢いで買ってしまった。
鈴







(慣れてくると案外かわいい…)









最近の骨董…と言われるお店やお祭りは、昔のように必ずしも由緒ある高額品が多いわけでもなさそうです。
大正や昭和初期のいわゆる、「レトロ」的なグッツも混在してました。
お値段もリーズナブル。
お店の人も「若い女性客が増えている」と言っていました。
確かに、女性ウケしそうな品も多かった気が。
アーリーアメリカンなトースターに、シルバーのケトル、木製のラジオ。
そういうものが、
大正レトロモダンな古生地、ボタン、食器などと一緒に売られています。

一方、
ドラえもんの小さいビニール人形なんて
『これ骨董か??』と、疑問な気もしましたが、
「これはロット番号付きの非売品デッドストックです」
と、あり得ない値段が付いていました。
確かによくよく見るとそこら辺では売っていなそうな感じの凛々しいドラえもん(?)。

見る人が見たらレアな逸品なのでしょうか。

アグネスラムの写真集が初版だ!!と、感心しているお客のおじさんのまなざしも真剣。
骨董の概念や価値は本当に多様化しているのだなあ、と感じました。

ランキング


(←骨董の何たるかはわかんないけれど、
古いもの・結構好きです)




軽井沢の追分あたりなんか、骨董や古本で面白い店が多そうです。
お宝探しに出かけてみようかな~

Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/275-8ce2bb2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。