上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前から思っていたのですが、
オーブンを使う料理をする人は、大概の温度感覚を持っていると思うんですよね。
だからガンタイプの温度計とか使わなくても、炉内でオーブン料理できるんじゃないか、と。

今回はそれを実証すべく、炉内でパンを焼いてみました。
パンというのは、生地を作るまでは時間がかかるものですが、
焼成自体は15分位なのです。
炉内温度は180度前後にしたいところですが。。。
F1011179.jpg
今にも消えそうな熾火で焼いてみました。
これでも電気オーブンより十分熱いです。

扉を閉めて、ガラス越しに焼け具合を確認。
ダッチオーブンに入れると焦げがちなパンですが、
ラウンドグリドルを使えば安心です。




できたー!
F1011176.jpg焼き色薄く見えますが、中までしっかり火は通っています。
むしろ、電気オーブンよりふんわり&しっかり焼けている!
焼き時間も早いです。
電気オーブンとの焼き比べも考えていましたが、結局すべてストーブで焼くことに。

最後の方はちょっぴり火力不足だったので、
五徳代わりの耐火煉瓦の高さを調整して焼き上げました。


成形も色んな形にしてみました♪
今回はお花形、ロール形などなど。
成形後の二次発酵もストーブの近くに置いておいただけ。
それでもいつもよりしっかり発酵してました!
F1011177.jpg
生地はホームベーカリーにお任せ。
(ふわふわ生地にしたかったので
スキムミルク代わりに生クリーム入れました。←水はその分減らしましたが。
電気オーブンで焼いてもそうですが、
自分で作ったパンってパサつきがちじゃないですか?
生クリームを入れると時間が経ってもしっとりですよ~。)





初めてのストーブパン成功に調子に乗ってます。わーい。
マシュマロ炎上事件をすっかり忘れたいち母に一票☆↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村


Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/204-9f6ea417
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。