上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今使っているフライパンは


モンパスタン ステンレス片手フライパン26cm



ビジュアル担当フライパンです。
いやー焦げること焦げること(笑)


実務担当は


オール熱源対応(IH対応)。4層ふっ素ハード加工ストロングマーブルコート



しかし、これ、はげる事はげる事。
テフロン並にすぐ表面が駄目になっちゃうんですね。
食洗機に時々入れてたからかもしれません。(入れちゃダメって取り説に書いてありました)


入居時にすぐ必要…って事で2つとも急いで買った品です。
こだわりはそれほど強くありませんでした。
なぜなら、他にも注文済みのフライパンがあったから。
それは
fryingpan24.jpg
錦見鋳造 魔法のフライパン

注文時、3年待ちの納期でした。1年半位経つでしょうか。
あと1年半後に我が家に到着する予定(笑)
今購入となると、2年6か月まちだそうです。


特徴はホームページのが詳しいのであえて書きませんが、
特に気に入った点は
・薄くて軽い 
 業界初・鋳造フライパンとしては最薄1・5ミリ。
・IHと相性がよさそう
 精密鋳造技術で歪みが少ない。
 高温のカラ焼きに耐えられる。(→テフロンは高温に弱い。IHでの過度のカラ焼きはできない)
・一生モノになりそう 
 テフロン系ははげても交換時がイマイチわからず、ずるずる使い続けてしまう。

など。



このフライパン、昔はハンズでも買えたそうですね。
その後テレビで放送されてから入手困難と聞きました。
今は主にインターネット直売らしいです。


家事を始めて気づいたのは、道具に耐久性がないこと。
エコとか崇高な意識はないのですが、
多少の壊れならもったいなくて捨てられないんですね。単純に。
だから、長く使いそうなものはそれなりに丈夫な物を、と考え始めました。
最近家事道具(キッチンツールとか、掃除道具とか)を有名メーカーで揃える方も多い気がします。
高い買い物かもしれないけれど、
流行りがあるブランドの服やバックなんかよりは、よっぽど役に立っている気はします。
そう、いい家事道具は家族みんなに恩恵があるって事で。。。



↓*一万円のフライパン購入、なんとか正当化したいと焦るいち母に一票…*↓
にほんブログ村 住まいブログへ

Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/186-ff9d2b38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。