上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きなんです、渡辺篤史・建もの探訪
誰でも一度は見たことあるのでは、というくらいお馴染みですね。
東京の方では2006年から朝6:00からの放送に変わったと聞きます。(長野では土曜10時25分です)
それで「まだやってるの?」と思われる方も少なくないと聞きますが、
実は来年で20年を迎えるという長寿番組です。

私がこの番組を好きなのは、素敵なお宅がいっぱい。。。という事もありますが、
渡辺篤史さんが好き・という部分が大きいです。

********


ところで、家を建てるということは、
立地条件から家族構成、予算まで、人それぞれ異なった要素から構成されるものです。
その中で、できる限り自分たちが快適と思う項目を優先させながら、時には妥協・挫折を繰り返し、
沢山の想いをこめて、竣工を迎えます。

お邪魔しているブロガーさんが昔、(たしか)こんな様な話をされてました。
「人のお宅の間取りを見て、安易にこうしたほうが良かった、と評価しないようにしている。
それはそうできなかった理由があるかもしれないからだ。」
と。   
「間取りはこっちを立てれば、あっちが立たず」ともおっしゃっていました。
私も本当にそう思います。
間取りに限らず、家づくり全体、こだわりと妥協はつきものです。
100パーセントの土地に100パーセントの家。。。ってすごく難しい。
だから、自分がこだわった部分を嬉しく思い、残念だった部分も含めて納得し、一生懸命建てたお家を好きになれればいいと思います。



。。。そんなアツい建主(てか、私)の想いを知ってか知らずか、
渡辺篤史は今日もすごい勢いで褒め倒します
玄関入る前から~、
子供の絵を見て~、
犬の頭を撫でて~、
「ほ~、これはこれは。。。」
とにかく感嘆の溜息を発し続けます。

ほめ殺し、と揶揄する人もいますが、
私的には、すごく見ていて気持ち良いです。
多分、多くの人がそう思っているから、
こんなに長い間愛される番組になったのでは。
建主が力いっぱいで建てた、自慢の我が家。
それを褒める技術さえ優れていれば、
あとはお家自身が何かを語ってくれるのではないでしょうか。

他局の建物番組。
小さなミスをドラマチックに演出したり、
建築の事はわからないレポーターが無神経な発言をしたり。
そういうのを心痛めて見聞きしていると、
渡辺さんの温厚な笑顔がなんだかほっとしてしまうのです。


**********


(先日は下書き用記事アップしてしまいました。。。失礼しました。
 アレは好きな映像だったんですけど、慌てて消しました~)

にほんブログ村 住まいブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/180-47837c07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。