上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薪ストーブの焚きつけはコツがいります。

私は苦手です。
いち父が器用につけるので、任せっきりにしていたら、
更に自分はできなくなってました。
着火材をガンガン使う気にはイマイチなれないし。。。
主婦的ケチケチ観から、なかなか思い切った量を使えない、といった方が的確かもしれません。


この日はいち父出張。
F1011169.jpg
着火剤が、なんと!1個しかない。。。
私的には2個ないときついんだよなあ。
とりあえず、去年もらったブドウの枝を足して、焚きつけてみました。
なんとか。。。。成功!運がよかったな。

→→人気ブログランキングへ
   
ブログ村 一戸建へ
ユーザー2年目にして、この焚きつけ成功率。
やべぇ~じゃん、とか言わないでください。
だって普段全然やってないのですから。
(ちなみに、ボード18歳からやってます、というと、じゃあうまいねって言われます。
うまくないですから。年に1回しか行きませんから)

初めての年なんて、家中の割りばし燃やしました(笑)
現場監督に言ったら、腹を抱えて笑ってましたけど、本人必死。
寒い中、家の周りの空き地で、焚き木拾い集めたりもしてました。
私、いつの時代の人?って自分に突っ込んでみたり。
今思えば、
初年度は買った薪が乾いてないって言うのもあったんですね。
でも、乾いた薪の判断も正確にできなかった時期。
毎日うまくつかないな~って。
建築家さんは
「この薪。。。乾いてないですよね?」と。
流石に灰が湿気で固まっているのをみて、
こりゃおかしい。薪屋さんにいうべきだ、と。
で、薪屋さんの含水率計ではかったところ、問題ない数値だ、と逆に恥ずかしい思いをし。
後で現場監督にその数値を話したら
「そりゃ、ありえない値だ。
そんなに乾いているわけがない。そんな数値、よく乾いた建築資材でも出ない数字だ」と。


結局何だったんだ~。

薪の出来に気を取られ、上手に焚く事とか気が回らなかった初年度でした。



今年は乾いた薪と、慣らしたストーブ。色々試して、自分に合った着火剤。
条件は揃ったのでは。
きちんと焚いて、燃費よく使えるように頑張っていこうと思うのです。
→→人気ブログランキングへ
   
ブログ村 一戸建へ


Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/163-11aafb14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。