上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.11 私設警備団
うちの南東側は、一応市道です。
F1010766.jpgこの道を使うのは2~3世帯分のみなので、交通量は多くありません。
F1010860.jpg
車通りは少ないし、高台で眺めも良く、ご近所さんの恰好の散歩コースになっています。







顔見知りのご近所さんが散歩すれば、不審者を監視してくれる、という意味で防犯につながると思います。
なので、その散歩人たちを敬愛を込めて『いち家私設警備団』と勝手に呼び、任命しているのです。


いち家私設警備団は誰でもなれるものではありません。


F1010708.jpgまずうちからの視線に
耐えられる神経の太さ
が必要です。
私達は暇さえあれば外を眺めています。
F1010943.jpg


←逆監視






入居直後は結構多かった散歩人も、
うちからの視線と声掛けを気まずく感じたのか(?)日に日に減っていきました。

今は選び抜かれた精鋭数名が、警備団として活躍しています。
そして、その警備団の団長マルチーズを連れたおばあちゃんとしました。
圧倒的な散歩頻度なのです。
通りかかると、だいたいいつも同じ会話。



団長「ああ、あんた、いい家建てたね」

いち母「えへへ、ありがとうございます」

団長「あんた、子供は一人…いやお腹にいるのかい?二人かね」

いち母「あはは、一人ですよー。よく妊婦に間違えられるんですー」

団長「あー、太ってるもんね」(直球)


みたいな挨拶を交わし、
その後団長は自分の激動の半生をさらりと語り、立ち去ります。



その他に団員として、
・自分の自宅を「屋敷」と呼ぶ、地主のおじさん(実際「屋敷」レベルの家に住んでいる)
・遠くに嫁に行った娘を思い、いつも涙ぐんでしまうおばさん(わかるよ、その気持ち)
・大型犬に散歩されてるおばあちゃん(完全引きずられてる。怪我しそう)
などなど、多彩な顔ぶれです。





団員紹介の話は(無駄に)長くなりそう。。。
いち家私設警備団についてさらに知りたい人は、一票↓って事で。

いち父「それ…みんな知りたいか?」

ええと、じゃあ、
TDLのジェットコースターで妊婦と間違えられ、止められたいち母に励ましの一票!
にする?
→→人気ブログランキングへ
   
ブログ村 一戸建へ


















Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/135-ad624c9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。