上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薪割り斧は、軽井沢の薪ストーブ屋さん・長野総商で買いました。

このお店は、アメリカ系のストーブが多いのですが、小物類も充実しています。
(ちなみに、店のおじさんはキャラいいです。きっぷがいいおっさん不良系。私は好きです)

店のおじさん(以下おっさん・失礼、敬愛を込めて)お勧めの
フルターフォッシュ スレッジアックスです。
obj_sledge_photo.jpg


初めての来店時

いち父「あの…初めて斧を選ぶんですが。インターネットで調べたら、グレンスフォシュっていうメーカーばっかり検索に引っかかったんですけど…」(←超有名斧メーカー)

おっさん「あー、グレンスフォシュね。くそですよ。使ってみりゃわかる」

いち母「あの…近所のストーブ屋さん何件かまわったんですけど、みんなグレンスフォシュしか置いてなかったんです。あとハスクバーナー(チェーンソーメーカー)の斧とかしかなくて…」

おっさん「グレンスフォシュは有名だけどね、フルターフォッシュも老舗メーカーなんだよ」

そう言っておっさんはフルターフォッシュを熱く語りました。
簡単に言うと、
・刃の厚みが使いやすい。薪に食い込んだあと、押し広げる力が強く、途中で止まっても抜き易い。
・固定するリング状のくさびが、柄のぐらつきを防ぐ。
あと、クサビを打てたりもするそうで。

おっさん「そこの薪割ってみるかい」

親切にも愛用のフルターフォッシュで試し割りをさせてくれました。
しかもその他、色んな斧との比較割りも。
いち父、どれも初めてにしてはいい感じにミート。

そんな中でも
いち父「やっぱりおじさんのこの斧、いいですね」

こうして、我が家の初めての斧は決まりました。



フルターフォッシュは、今でこそ「薪割り斧」で上位に検索されますが、
うちが買った当時は、全然ヒットしませんでした。

だんだんメジャーになってきて嬉しいです。(多分おっさんも嬉しい)


ちなみに私は薪割りしませんー。
斧を壊されるのを恐れて、私に貸してくれなかった為、
いつの間にか薪割りはいち父の仕事になりました。
だから、いち父がやる気を持って頑張っていくうちは、見守る方針です。





参加中です*
→→人気ブログランキングへ
   
ブログ村 一戸建へ







Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/123-56e1affb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。