上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1010675.jpgこら!ぶら下がるな!

手すりガタガタしやすいらしいよ、こういうタイプは…。(←ムスメでなく、手すりを心配)

うちの階段手すりはシースルーもいいとこ。丸い棒が二階ブリッジまで続いているのみ。
      
       F1010588.jpg
流石に二階ブリッジには、間に板をつけてもらいました。



と、言っても、Fさん(建築家さん)が「落ちたら危ないですもんね。間に何かつけましょうかね~」と提案してくれるまで、
この↑黒い棒のみでなんとかなるかなあ、と私は楽観していました。



material_001_1.jpg
←こんなネットをつければいけるんじゃないかと。。。
 ekreaネット

しかし、冷静に考えたら、コレうちのテイストに合うか?
と、疑問に思っていたところでした。




実際、板をつけた直後、
いち母(私)「ブリッジは板、つけてもらってよかったです!」
と、Fさんに話していました。

するとFさん「そのブリッジの手すりなんですけど…」

促されるまま、
出来上がった二階ブリッジ手すりの間を見ると。。。。

ブログ村 一戸建へ
人気ブログランキングへ
   










F1010996.jpg
なんでここだけあいてんの(笑)?

あ、そうか。
私がサーキュレーターここら辺で使いたいって言ってたから、わざとあけてくれたんだ…。
(デザイン的な問題で、天井つけファンは却下になった為、サーキュレーターを置きたいと言っていた)

て、ことでしょう、Fさん♪


「。。。。じゃあ、そういう風に使ってください」


、て、狙いじゃないの?


おーいー、誰か間違えたなー!

なんだ、この意味不明な隙間は。
どうにかならないのか??(←間違いと気付いた瞬間から、サーキュレーターのため使う気はなし)

現場監督Aさん「あの。。。これから何か付けるとなると、結構難しいもので…」

まあ、手すりの溶接は必要だろうけど…。
それって大工事になっちゃう?
どうすればいい??いち父!


いち父「あーコレ…板ない?」
そりゃ、わかってるっつーの!

ああ、こうなったら、秘技「ま、いっか」の暗示だ。

いち(娘)「…マ、イッカ」

お前が言うか。危ない当本人が。ま、いいや。いよいよ危なそうになったら直してもらおう。




。。。。。こうして、今のところ特に危険はなく、過ぎています。
手すり自体は気に入っているのです。
丸くて握りやすい形・太さも、使いやすい設置高さ(85センチ)も。

いちにはちょっと使いにくい高さです。彼女は壁に手を伝って上ります。スカスカの手すり側で転ぶ心配がないから、ちょうどよいかもしれません。




いち父「あのさー、おれ気づいたんだけど、あそこ板なくね?

もういいよ。






参加中です*よろしければ

→→人気ブログランキングへ
   
ブログ村 一戸建へ











Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/122-8e8941f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。