上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.16 薪を乾かす
最近急に寒くなってきました。
先日はご近所の薪ストーブのお宅から、すでに煙が!
うちも準備しなければ。

F1010983.jpg入居した去年。一部購入薪を使いました。
今年からは完全自給を目指します。
薪の燃え方は乾燥が命。
1~2年しっかり乾燥させる必要があります。
今年は去年伐採した中から状態の良いものを使う予定。

薪の保管は場所をとります。
想像以上のスペースが必要…。
しかも、ただ置いておくだけでなく、しっかり乾燥させなければいけません。

←この薪・よく見ると、
右と左、色が違います。
右はポリカーボネートの波板をかけておいたもの。
左は完全野ざらし。



薪に波板をかけたのは『薪割り礼賛』(本)に
薪の屋根はビニールをかけたり、色々方法はあるけれど、
結局波板が一番いい、と言うような事が書いてあったから。(ちゃんとした薪小屋があればいいのですが…)
確かに近所のお宅もみんな波板。
さっそくホームセンターに買いに行きました。
畳一枚分くらいで800円。結構高いなあ(?)これを全部にかけてたら、結構な額…。




薪ストーブ屋さん「大丈夫、野ざらしで」

買いたくないと思ったら、都合よくストーブ屋さんの言葉を思い出します(笑)。
そうして、結局購入したのは1枚だけ。微妙です。
試しにね、なんて言って。

            
 (去年の薪購入時、
 薪ストーブ屋さん「大丈夫ですよ~。しばらく使わないなら野ざらしで。屋根なん てしてないですよ。
 この薪も山で野ざらしだったんですよ」
 そう言って持ってきたのは見るからに乾いてない薪(笑)。だめじゃ  ん。
 全然燃えなかったよ)





屋根ありと屋根なし。今年は焚き比べてみます。




いち父「おいー。薪の下のほうカビてない?腐るんじゃないか

えへ地面の湿気から離すために、薪の下に置こうと思っていた木材。
腐る材でも、買おうとすると結構高かった。。。。
だから、薪を井形に組んでやり過ごそうとしたんだけど。。。だめ?
(そういえば、地面につけて保管していた薪がシロアリにやられた。床高のラックに入れた分は大丈夫だったなあ)


いよいよ、単管パイプで薪小屋をつくるべきか?(遅)
工務店が安くパイプ譲ってくれるっていってたなあ。

野ざらし&放置・薪保管で頑張っているヒトなんていないんでしょうか?(←往生際悪い)






観念して薪小屋作れ!の一票を。。。
→→人気ブログランキングへ
   
ブログ村 一戸建へ




Secret

TrackBackURL
→http://iedukurihajimete.blog92.fc2.com/tb.php/114-1e2d5e45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。