上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.11 震災後2年
震災から2年。
私にとっては、つい昨日の様に生々しい記憶です。
けれども被災した方々にとっては、ある意味長く、もっと苦しい2年だったのでしょう。

テレビでは記憶の風化を懸念した意見もありますが、
こんなに大きな出来事を、そう簡単に忘れる事なんてできっこありません。
風化したように見えるのは、実際どう復興にアクションすればよいのか、
一人ひとりがわかりずらくなっているからではないでしょうか。


あらためて、亡くなられた方々に哀悼の意をしめすと共に、
自分自身、未来に対しての責任を今できる形で果たしていきたいと思います。

スポンサーサイト
最近、義母の薦めで5年日記なるものを始めました。

その名の通り、5年分の日記が書ける訳ですが、
ずぼらな私は今までこのような記録物をした事がないのです。
で、何を書いたらいいかわからない…。

だったらなんで始めたのか?とか、もっともな突っ込みが聞こえてきそうですが、
何事も始まりはただ何となく、デス。


あまり赤裸々な感情を書いても、後で振り返った時恥ずかしかな~と思うので、状況記録にしたいのです。
子供の成長なども記すつもりですが、一日そこらで変化があるわけでもなく…。
せっかく5年連用なので、なにか毎年比較するべき事を書きたいのですが…。


ランキング


(←日記の活用法を見いだせないまま、日記帳を購入。
そして迷走中…)



いっそ薪日記にしてみようか…とも考えたのです。
例えば、今日は天気は何で、気温は何度で、薪は何束使って、とか。
そうすれば薪の使用量も正確に把握できるのかな?と。
ただ、そう思いついた瞬間、
そんな地道な日記、自分には続けられないだろう事もハッキリ感じました…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。