上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
煙突2011

こんにちは。
最近どうしても写真挿入がうまくいかないいち母です。

先日、煙突掃除をしました。
この前掃除したのが、私が臨月だった時。→妊婦、屋根に上る。
8か月ぶりですね。
今回も高所恐怖症のいち父&実弟が梯子を押さえ、
私が屋根に上る事になりました。
いち&いち妹は屋内で、いちおばあちゃん(私の母)と待機。
ウガウガいう子供が心配なので、ちゃっちゃと終わらせてしまいましょう。

煙突掃除2011¥2

←屋根からの景色。

すがすがスィ~♪
何回目かの屋根上りともなると、景色を撮影する余裕☆

油断し過ぎて、煙突掃除の道具で忘れたもの多々あり…。
梯子を支える人々に取ってきてもらったり。




煙突掃除2011
←結構煤が貯まっていた煙突内。
前回掃除からそれほど経っていない&使っていないにもかかわらず、この汚さ。
今までで一番ひどかったかも。
煤が層状にこびりついている。
2重煙突になっている屋根上部分が、皮肉にも汚れがひどい。(屋内はシングル煙突)。

しかし、掃除自体は楽勝。
屋根に上ってしまえば後はブラシでゴシゴシとするだけ。
…と、勢いよくブラシを煙突に突っ込むと…


いちおばあちゃんぎゃあーーーーー!!!

なぜだかわからないけれど、リビングで待機するいちおばあちゃんの悲鳴。
気のせいかしら?と、とりあえず、いつもより念入りにブラシを上下させる。

するといち母弟が

「ねえ!!薪ストーブの扉!!開いてるよ!!!





………




ま…ま・ま・まじでーーー?!?!


正確にはストーブの吸気扉が開いていたらしい…。
超ケアレスミス!
押し出された煤が広まり、リビングは真黒!!
もちろん屋内にいた人々は大パニック。


煙突掃除より部屋掃除の方が大変だった事は言うまでもありません。
本当に最悪…。



 そして、今回も前回に引き続き、隣人へのあいさつ忘れてました。
と、いうか、挨拶するほど汚れは飛ばないかな…って、予想していたんですね。
実際は想像以上に汚れていたので、作業中に煤が舞ってしまったかもしれません。
またまた事後挨拶になってしまいましたが、手土産を持って隣人を尋ねると…


... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。