上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとかキャンプスペースにたどり着いた私たち。
いちは文句も言わず、せっせと山道を歩いていました。偉い。

今回は音楽そのものよりもキャンプを楽しむ事が目的だったので、
比較的お店や飲食ブースに近い場所を選んでテントを張りました。
急いだだけあっていい場所をとれましたが、まわりもすぐテントでいっぱいに。
タイコ5
写真だとぎゅうぎゅうに見えますが、想像よりも余裕がある感じです。


タイコ
軽くひさしがついたタイプのテントを買っておいたのですが、これが日よけができて本当に快適でした。
椅子と机さえあればくつろぐスペースは確保できますが、日差しがきついのです。
会場はキャノピー禁止ですが、このタイプのテントを使っている方は何人かいました。



私たちのテントのまわりは偶然にも両サイド子連れ。
子連れの方は殆どと言っていい位いない中、すごい偶然です。

どこもお父さんがいかにもキャンプ好き、って感じ。
手慣れた手つきでテントを張っています。横では奥さんと赤ちゃんが優雅に椅子でくつろいでいたり…。


そ・れ・に・く・ら・べ・て…


いち父「おいっ!! このポールどうやって立てるんだよ」(テント触るの初めての人)

「あー。違う…。 ここじゃない。」(私だけ事前にテントの立て方を勉強してきた)

いち父「は?!じゃあ、自分でやれよ!

なんと説明書を私にたたきつけてきたいち父。









ぶち。   (←当然私、切れた。)



は?誰が手伝ってくれっていった??!!1人でやるからいい。触わらないで。
てか、
視界から消えろ!!アホが!!!


。。。。。。。。。


周りの他家族凍りつく。





いち父「。。。。」(それでも手を出したがる)

触んなっつってんだろ!!」(人格崩壊)

いち父「。。。。。。」(黙々と作業。恐ろしいほど打たれ強い)






ランキング


(子供の前で喧嘩してはいけません)










いち父「オレ…。キャンプ向いてないみたい。自由がなさすぎる…」

そういう問題か。

不便を楽しむキャンプ。それなりに一緒に来る人は選ばなければなりません。



絶対今後いち父とはキャンプをしないと誓った2010年初夏。
スポンサーサイト
お久しぶりです。つわりで長い事死んでいました。
もうすぐ妊娠6カ月になります。
大分体調も落ち着いてきたので、以前に行った野外フェスの事をぽちぽち書いてみようと思います。

行ったのは今年6月初め。
まだまだ寒い山間・木曽のキャンプ場で行われる、キャンプ型音楽祭です。
タイコクラブというこのイベント。主にハウスやテクノと呼ばれるクラブ系ミュージックが多い事と、人数限定で大人が集まる落ち着いた雰囲気が特徴のフェスです。
年々人気が高まり、駐車券付きチケットも早めに売り切れるという事で販売後、即購入しました。

しかし、出発直前に私の妊娠が発覚。中止も検討したのですが、いち父の
チケットもったいないよな…」
の控えめだけれど強固な意志を感じられる呟きで、強行する事を決意。
つわりがひどかったけれど、
『つわりは気合(で乗り越えるもの)』
と自分に言い聞かせ、結局出かける事に。


タイコ2



(当日はいい天気でした。)





開場一時間くらい前に到着。
すでに結構並んでいます。
タイコ4
こうして並んでいる間、まわりを見渡すと、多くはありませんが幼児連れの方もちらほら。
タイコクラブは幼児無料。小学生入場禁止です。

いち父「開場したら、即効いい場所とるぞ」

…こういう席取り系には過度な意欲をみせるいち父。
妊婦と4歳児を連れている事を忘れないでほしい…。





…と、言った心配は的中。
入場口でチケットをリストバンドに引き換え会場に進みますが、着くまでには結構距離がある山道を進みます。
開場と同時に相当な早足で急ぐいち父。
つわりで立ち止まりたい私。

「そんなに急ぐなら、先に行って場所取りだけしてよ」

いち父「…どこ取ればいいのかわかんない…」

今回一切事前学習してこなかったいち父。
会場の配置やキャンプスペースの位置が全く分かっていないのです。
だから、会場図くらいHPで確認しとけって言ってたの

吐き気を抱えながら必死に山道を歩く私。
頑丈なキャリー↓買っといて良かったよ…。
Coleman(コールマン) マルチカーゴキャリ...

Coleman(コールマン) マルチカーゴキャリ...

価格:6,615円(税込、送料別)




ランキング



(波乱の予感の夏フェス体験。続く。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。