上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよストーブの煙突掃除当日。


玄関のアプローチ裏に梯子をかけます。
まずはアプローチの屋根に上がり、梯子を持ち上げてさらに家の屋根まで行こうという計画。
梯子支える弟



(←足場が傾斜していたため、実弟に梯子を押さえてもらう事に。
私が上っている間
「もうだめだ!!」と何回も実弟が叫んでいるのが聞こえた。
180㎝、100㎏超柔道黒帯・の彼のパワーでも私を支えるのは辛かったらしい。)









梯子が伸縮式だったこともあり、すっごい!しなってました。怖かったです。
yanekara.jpg


最後の方は猿のように飛び移る形で屋根まで到達しました。



←地面を見下ろすと車が小さい…。






で、煙突。
okujou.jpg
屋根の傾斜は緩めなので、上がってしまえば平気。ゆっくり作業できます。


トップに固定金具はありませんでした。ただ抜くだけ。
煙突トップ
トップをそのまま入れて掃除しようとビニール袋を持っていったのですが…袋、小さすぎ。
無理やり入れてみたけれど、
←入りきりませんでした。

なんとか煤はブラシで落としましたが、屋根がちょっと汚れちゃいました。





煙突本体はこんな感じ。
煤09



真っ直ぐな煙突のおかげか、そんなに(?)汚れてないような。


むしろトップの方が煤が多い印象。






一応購入したブラシセットで2~3回上下にゴシゴシしておきました。
掃除自体は楽勝です。15分もかからなかったような。

心配していた耐熱塗装の剥がれも大丈夫そう。


ちなみにストーブ本体にはこんな感じにビニール袋を当ててました。適当に。
煙突掃除1
ブラシ後見てみると…
煙突掃除2
はみ出していました…煤。でも大体はキャッチした様子。
中くらいのビニール袋半分くらいの量です。




終わった感想としては…


屋根、40過ぎて上る自信ないな。って思いました。
梯子が大変。
屋根自体は上りやすかったんですけどね。
傾斜がなだらかで、棒葺き・雪止め付きだったので手を掛ける部分もある。
建物自体の高さもないし。
それでも端々の作業で危険を感じました。

ランキング


(←やっぱりパンツは履き替えるべきだ)





下(室内側)から掃除できればいいんですけれど。
うちは煙突にダンパーがあるから無理な構造でした。

P.Sいち父一切出番なし。
スポンサーサイト
煙突掃除の道具を買いました。

まずはこれ。何は無くともブラシ。

径15㎝でねじ付き。

ブラシにつなぐ掃除棒。

三本セット。何本も追加して長くできます。うちの場合は2セット買い、4本使いました。
ねじ付きにもねじなしにも対応。

どちらも

↑こちらで買いました。超破格です。
ストーブ店と同じ品質で、値段は半分~三分の一。
ただ品切れだったので、2週間ほど入荷が遅れました。


あと、屋根に上るために

↑ここのショップオークションで安い伸縮梯子を購入。


後は、
・マスク
・手袋
・小さめのブラシ(トップの細かい部分の掃除に)
・ビニール袋
・ドライバー(トップの接続金具を外すため)
を用意して準備万端。


あ 屋根上る前に下着着替えました。
落ちて病院に運ばれた場合、ダサいパンツ見られたくない…と思いまして。

ランキング


(←それ、大事だよね☆ポチ)





次、いよいよ上ります。
薪ストーブの煙突掃除計画中、
「高所恐怖症です」
と告白した夫・いち父。

いち父「いや~、最初の年はプロに頼もうよ。一回やり方見た方が参考になるしさ」

。。。。。。いいと思うよ。今年は頼んでも。
来年から自分でやってくれるんならね。
でも、どうせ毎年プロに頼む事になるんじゃないの?
そうなると、これからいくらかかると思う訳??!!

いち父「。。。。。。。。。。」

もー、いい…。
いち父には頼まない。私がやる!!






そうと決まったら、雑誌やネットで掃除の仕方を勉強。

色々調べているうちに…なんか…


案外やれそうな気がしてきました

道具も探してみると…近所のホームセンターで結構安い
う~ん、これはやっぱり私がやるべきだ!!

一応サイズの確認と値段比較を兼ね、ストーブ屋さんにも行ってみることに。




いち父「俺も行く」

お前が行ってどうする。覇気が下がるから(?)家で待っとけ。

いち父「行く!!」




。。。。。。。。。。。




結局一緒にストーブ店へ。


↓以下犬も食わない夫婦喧嘩に続く…↓

ランキング

(犬も食わないけど、オレも食わない。


←夫婦喧嘩に興味無い方はこちらからお帰りを☆)





... 続きを読む
薪ストーブの煙突掃除。
大体年に一度が基本です。


薪ストーブ屋さん「そうは言いますけど、良い焚き方をしていれば、そんなに頻回にやる必要はないんですよ。うちの隣の隣のあのお宅。もう13年掃除してないって言ってましたよ」

えー!13年って…。
それは極端な例なんでしょうが、
キチンと乾燥した広葉樹を高温で焚く分には、煤はあまりたまらないというのは本当の話。

うーん。うちもそんなに変なモノを燃やしている覚えはない。
結構ガンガン焚いて、燻らせたりもしていない方だと思う。
じゃあ、そんなに焦って煙突掃除する必要ないかな~


。。。。。と、油断して、
竣工2年の我が家。
煙突掃除を一度もせず、今に至ります。
そろそろ…と、ぼんやり考えていた矢先、
いち父の同僚のお宅が火事に!
煙突の煤が引火してして起こる煙道火災でした。
3~4年程掃除をしていなかったそうです。

慌ててうちも煤のたまり具合をチェックしてみました。
すす
(F400はストーブトップが外れます)
煙突を外側からガンガンたたいてみると、パラパラと黒い煤が落ちてきました。
ネズミのウンチのような小さくて丸い粒。


そろそろ掃除をした方が良さそう…。




ストーブ設置前、管理を心配する周囲に「ストーブの面倒は俺がみるから!!」と言い切ったいち父(夫)。
もちろん掃除だってやってもらいます。


いち母(私)「そろそろ屋根に上って、煙突掃除だよ」

いち父「俺、高所恐怖症なんだよね

ランキング


(←ナゼ イマ コクハク…?)




なんだそれ…。
私に屋根を上らせる気かー!!



煙突掃除戦争・つづく
地元のお祭りでドライフラワーを買いました。
コバンソウというらしい。
PAP_0142.jpg
こんなに大きいのに一束100円。
品の良い老婦人がテントで販売しておりました。

老婦人「夏にエアコンの前に下げておくのよ。これは2年くらい乾かしたかしら」

乾燥が大事なんだそうです。
乾燥と言えば、うちにあるじゃないか。水分を奪わせれば右に出るものがない…。

ストーブは?薪ストーブとか良く乾くんじゃないでしょうか」

薪ストーブの新たな活用法、見出したか??

老婦人「あなた、冬だと花がないじゃない

確かに。やべ。恥ずかしいこと言っちゃった…。
でも、ストーブで草花乾かしているヒト・ブログで見かけた気がするんだけどな~。





まあ、こんなに安く買えるなら、自分で作ることもない気もします。
いい買い物した~♪
ドライフラワーって、考えてみると、かなりズボラなヒト向き。つまり私向き。
だって既に枯れている(?)わけでしょう。
枯らす心配がない。いいじゃん、いいじゃん。


早速トイレに飾ってみました。
トイレ花2
もともとあったトクサ(byイケア)とのバランスが難しい…。
てか、散らばりすぎ?なんか、ボサボサしてる。
ドライフラワーの作り方より、
花の生け方習った方がいい気がしてきました。
トイレ花




最近特に気になるドライフラワー。
長野だと道の駅や温泉施設とかで、地元の方が作られたモノがよく売られています。
アイスフラワーとかブリザーブドフラワーとか色々あるけれど、
ドライフラワーのあの渋い色み・が結構好きなのです。

ランキング


(←いつもありがとうございます☆)






P・S 実家の母が
「ドライフラワーとはいえ、アンタが植物を飾るなんて…」
と、感慨深げに眺めておりました。
ちょっと前に夏クッションカバーを買ったばかりでしたが…

気がつけばもう、ですね。あは。
慌ててクッションカバーも冬仕様に変えてみました。
冬クッション
写真がわかりずらいのですが、かなり厚みがある生地です。
刺繍も立体的でモコモコした触り心地。
冬クッション3
柄だけ見ると、夏を脱していない感がしなくもない…。
けど、今まで使っていた夏クッションよりは遥かに冬っぽい。と、言い聞かせて、気にしない事としますっ。
冬クッション2
期せずして畳の色と同化。結構馴染んでいるのでは。



ところで、このクッションカバー。ダイソーで400円でした~☆

ランキング


(←安っ!ポチ☆)





100均とホームセンターと無印とイケア。
許されるなら、何時間でもいられる気がする…。
私、家を建てる前は、住宅展示場によく通っていたんです。
で、そこのモデルハウスで頻繁に目にしたアイテムがありました。

それは実際の家ではあまり見ることがないモノだけれど、
モデルハウスのキッチンには9割の確率で置いてあったと記憶しています。

それは…











パスタマシーン。





。。。。。。。





私がお邪魔した展示場だけですか??
キッチンにはいつもこのパスタマシーンと外国語のレシピ本が無造作っぽく置かれていました。





オサレに生パスタを作る、ステキな奥様…ってイメージでしょうか。
今考えると演出風びゅーびゅーな気がします。
パスタマシーン出しっぱなしって。
そんなシュチエーション、日本の一般家庭で頻繁に見られるんでしょうか。
これも展示場マジックの一つなのでしょうが。
まあ、アレですね。
こういうものは冷静に必要性を吟味しなければいけませんよね。
本当に使うのかどうか。

使いこなせなければ、収納に埋もれるだけです。





























SH380157.jpg






私の様にね。











。。。。。。。。。。。。











カッチャッタヨ インペリア カッチャッタヨ… (((;゚Д゚)))ガクガクブルブル







ランキング


(←「パスタとしてはイマイチだけど、ソフト麺としてはうまい」と評された私の生パスタに一票☆)




ソフト麺扱いされてから使っていないんですけどね。

モデルハウスで必ず見るアイテム。
だけど、必ずしも要るモノじゃないって話で。
2009.10.09 ひのき風呂
F1011002.jpg
設計士さんこだわりのひのき風呂。

浴槽じゃないですよ。
木壁ってことですが。

設計士さん「いや~、いい香りがするんですよ」

そーなんだ。
しかし…実際は思ったより香らない。
てか、無臭?って位。ナゼ??

現場監督「あ  防水オイル塗ったから、それほどニオイはしないかもしれません

…まあ、あれだけどね。
別に期待はしてなかったけどね(涙)。












ところで、昔、すのこを買ったお店で、おまけを貰いました。
それがこのひのきボール
PAP_0146.jpg
ネット通販で「ひのきの木片ひとり10個まであげます。希望の方は個数を連絡してください」
との記載に、欲張って10個max注文。
そしたら、こんなにかわいい玉ちゃんが届きました。

PAP_0145.jpg
これをですね。
こんな風にお風呂に入れると…
ひのき玉風呂~♪

これがスッゴイいい香り。
ひのきってこんなに匂うのかYO!って、
初めて知りました。
いや、ホント初めて知った。
一年以上ひのき壁風呂に入っていたけど(笑)

ランキング


(←祝☆ひのきデビュー)





お風呂の中でこどもが遊ぶのにも重宝。
コロコロ浮かべて、きゃっきゃ捕まえてます。
PA0_0016.jpg


あれ。
また写真縦横逆になっちゃいましたけど…。

急須買いました。
蓋自体が茶漉しになってます。



PA0_0002.jpg


ものっすごい茶葉がジャンピングします。
これは便利。
近所のジャスコで買いました。









ところで、オープンキッチンで困った事。
もう一つ思い出しました。


お客さんが来て、お茶を出した時。
いつもは飲まない日本茶を淹れようとしたのです。
そしたら、お茶葉を茶筒に入れておくのを忘れちゃいまして










ヤバイ…茶筒…どこにしまったんだっけ??







。。。。。。。。












結局お茶の袋からザバザバって、急須に入れました。

一部始終丸見え。
これ許されたんでしょうか。

ランキング


(←許す。ポチ☆)




茶さじ・なんてのも使いませんから…
我が家のキッチン。
F1010772.jpg

御覧の通り、相当オープンなキッチン。

設計当初はセミクローズドを希望していましたが、少しでも部屋を広く見せるため…と、男性陣に説得され、このカタチに。

最近ではだいぶ慣れてきて、オープンでよかったかなあ、と思ったりもします。

そんな中、なぜ突然「オープンキッチンで困った事」を書こうと思ったかと言うと、
今夜の夕飯が味噌汁だったからです。







新築後、いち父の友人が5人ほど泊まりに来た時がありました。
その中の一家族は子供が小さく
「食べ物には気を使っているの。無農薬野菜の宅配をお願いし、
添加物の少ない食品を選んでいる」
と話していました。

で、泊まった次の朝。
味噌汁を作って出したのですが、

いち父「だし…全然足りない。これじゃミソスープだ。だしを足してくれ」

と、お椀を返してきました。

だし…足せって言ったって、うちほんだし(顆粒)使ってるんですけど…。
無添加一家の目の前で、だしの素足さなきゃいけないの???

全員がじーっと見つめる中、
…入れましたよ。ほんだし。
だって、それしかなかったもん。


ランキング

(←味噌汁は顆粒だしのヒト・一票)





味噌汁のだし。みんなきちんと鰹節からとってるのかしら。
全国で統計を取ってほしい…。




オープンキッチンの皆さんはほかに困ったことありますか?
あったら教えてください。
私の予防対策のため・笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。