上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家づくりが進むと、今度はインテリアに興味がわいてきます。
新居ともなると、色んな家具も物色するようになります。
F1010916.jpg

(←未だ主要な家具をそろえてない我が家。
LDKは、いちの体育館と化している)







そんな中、ステキ~、と思う家具は誰かしらのデザイン家具である事が多く…。
そういうものは類を洩れず高いのです。文字どおり、桁違い。

そこで存在を知ったのが、「リプロダクト家具」。

リプロダクト家具…意匠権が切れたデザイナー家具を、他メーカーが復刻版として販売しているものです。
薬でいう「ジェネリック」と同じく説明できるので、「ジェネリック家具」と呼ばれる事も。
悪く言えばコピー品ともいえますが、合法ではあります。
正規品に比べ、かなり安く買う事が可能。

しかし、製品の出来はピンキリで…。
素材や部品など、グレードダウンが明らかな品が多く、購入にはある程度の目利きと覚悟が必要です。
また、正規品を扱うお店などでは
「デザイナーに敬意が払われていない」
「ライセンス商品が軽視される事で、デザイナーに対して不利益」
「ひいては、デザイン業界自体の発展につながらない」
と、社会道徳的にいかがなモノか…という意見もあります。


自分自身も
「ニセモノ買ってまでブランドにこだわる必要ないのでは?」
「合法って言っても…買うこと自体、何となく悪い事をしている気がする」
と、漠然と否定的な印象を持っていました。

そんなとき、たまたまオークションで見つけてしまったのです…。
欲しいと思っていた、ネルソンベンチ
ネルソンベンチ 本物

(←これは本物)




しかも一円~オークション!値段を見たら、デザイナーに対する道徳概念は吹っ飛んでいました…。

で、

「ごめんよネルソンさん。悪いのは私じゃない。貧乏がそうさせたの」。

少々後ろめたい気持ちで言い訳しつつ、落札。


だってさー、本物がいいなんて言ってたら、いつになったって買えない=座れないジャン。
もういい加減、家の中で座りたいんだよー。
それにさ、これならテーブルにも棚にもなるし、用途の幅は広いはず。
質感が粗悪でも、何かしら使い道はあるでしょう?
二階で使ったっていいし~。
失敗しても、許せる値段だし~。





そして商品、先日届きました!!


実物を見ての感想は…

長くなったので、続きは次回~。

ランキング


(←うすうすイヤな予感がする人はポチ☆)





いち父「言っとくけど、安物買うなよな。どうせ買うなら、いいもの買って長く使え」

。。。旦那の口癖が、落札した瞬間頭の中でリフレイン。。。
スポンサーサイト
元田んぼだけあって、粘土質のうちの庭。
長野でも比較的寒い地域なので、植物には過酷な環境…。
そんな悪条件をものともせず、元気に育つ草花たち!
それらを独断と偏見でランキングしてみました。
私の好きな庭の草花ランキング☆
まず第5位。
庭園等付近 庭園等付近3 庭園等付近2

シモツケです。
草花ランキングにいきなりが登場しました・笑
厳密に言うと、草花ではなく、低木ですね。細かい事は置いといて…。
ゴールド種なので庭が明るくなりました。
この後花も咲く予定。
勝手にモサモサ大きくなる良い子です。
剪定もしないのに、枝も暴れず、いい形に育ちました。


第4位は
ヒューケラ
ヒューケラ(ツボサンゴ)。

この赤い花は次から次へと咲き続けます。

春、いつの間にかに芽吹いてました。
私は基本、庭は放置です。
勝手に生えてくる宿根草ばっかり植えています。




第3位と2位は
グレコマリシマキア(黄緑)とグレコマ(白い斑いり)です。
とにかく増えます。怖いくらい…。
一株植えたら
グレコマ他
↑暴力的な繁殖力。
惜しいのは、冬の枯れ姿が美しくないこと。


そして栄えある1位♪

ナツユキソウナツユキソウ(セラスチューム)です。
寄せ植えやハンギングなんかにも人気です。
洋風な見た目なので、そういう花を探している方はいいかも。
花もかわいいのですが、ナツユキソウの魅力はそのシルバーリーフ。
ナツユキソウアップ
うまく写真では伝えられないのですが、
白い細かい毛におおわれたような葉が美しいのです。
しかも冬でも枯れない!

絨毯のように広がり、乾燥にも強く丈夫。
もっともっと人気が出てもいいのでは?と個人的には思う花です。


さて、今回紹介した草花はポピュラーで大体の園芸店で安値で手に入る品種です。
そして驚くほど丈夫で、手間は一切かかりません。花の管理が苦手な人(私のような)も、ぜひ植えてみてくださいね~。


ところで、いち父が最近、庭いじりに目覚めてしまっています。
私のように、初心者向き品種を選ぶ…とかなしに、レアな植物や木を集めまくっています。
最近は趣味の釣り、熱帯魚、ミニカー集めなどほとんど見向きもせず、
毎日庭に出ています。
この情熱はいつまで続くのでしょうか。
飽きた時が怖い…。

ランキング

(←いつもありがとうございます☆)





ちなみにいちの大好きなおじぎ草。
CIMG0079.jpg
CIMG0081.jpg
つんつんってすると、葉っぱが閉じたり垂れ下がって面白いのです。
別名ねむり草、といい、夜は葉っぱがすべて閉じます。不思議~。体内時計があるそうです。

いちは朝起きてはつんつん。
保育園から帰ってきてはつんつん。
草に向かって「こんにちは~」って話しかけています。
一年草ですが、一株100円くらい。近所でよく売ってます。
お子さんがいるうちは是非ぜひ~
2008_0820_182720-F1010988.jpg

(←去年の玄関前植栽スペース)


ちょうど良い大きさのヒメシャラを玄関前シンボルツリーとして植えました。
その時の様子





そして、今年の成長具合はというと、

























。。。。。。。。。。。。。。


























盗まれたシンボルツリー


シンボルツリー無くなってますけど?!

なななんでー???
盗まれたーうちのかわいいヒメシャラちゃんが!!

一体誰が??!!なんの目的で??









いち父「お前、バカか。あれは俺が移動させた
     最近枯れかけてな~。日当たりが優しい裏庭に移植したのだ」


あ…ホントだ。裏庭にいつの間にか植わっている…。

確かに、葉や枝が所々枯れてるし。
ヒメシャラは西日に弱いと聞いていたけれど、やっぱりか~。
それとも寒さにも弱いらしいから、冬の間ダメになっちゃったのかな?


長野の寒さに植物もやられ気味?
↓次回はやせ土地&寒い地域でも育っている、我が家の植物たちの一部をご紹介↓
ランキング


2009.05.22 一人で床塗装
家族で床塗装…とは、よく聞く話です。
うちは私一人で床塗装ですから。
ゴールデンウィークに敢行も、いち父は釣りに逃げ。
でもまあ、何となく一人の方が作業がはかどる気がしたので、文句はないけれど。
いちが眠りについた夜中、思い立って塗りました。
邪魔されなくていいかな~と。

床塗り

(←昼間になって光の加減が変わると、ムラが目立った。)


床に関して過去の話
→・床の塗装
初めてのワックス塗り
ワックス・その後







使ったのはこちら。
塗りやすくて、お店一押しの品でした。
確かにワックスよりもはるかに楽に塗れる!
さらさらしていて、においもきつくないし、
施工性には優れています。


欠点は乾燥に時間がかかるということ。
きっかり24時間かかりました。
その間、足を踏み入れない訳にもいかず…足跡が若干ムラになりました。
水回りはクノス(ワックス)で重ね塗りしたいところですが、
これまた乾燥に24時間…。やる気なくしました。また今度にします。

気にしていた色、ですが、
確かに濡れ色は気になります。
「ワックスより濃い」という意見も。乾いてきたらそれほど…でしたが、塗った直後は少し気になりました。


使った道具はコレ。

↑コテバケと、その柄、専用PP皿(余分なオイルを落とせる傾斜付き)

100均で揃えられそうな品々ですが、ちょっとした使い勝手の差が施工に大きく影響します。
正直、これを使わないで、どうやって塗るんだろうってくらい便利でした。
そんなに高いものではないので、絶対買うべきだと思います。


あと、あって便利だったのが

←希釈液です。
ストーブの台座とか、余計な所に間違えて塗ってしまったとき、これで落としました。
ちなみにいち父が照明を塗ったとき、他の塗料で手が真っ黒になってしまった時も、これでキレイに落ちました。






入居時小川さんの蜜蝋ワックスを塗り、6か月後にとうがらしワックスを塗りました。
とうがらしワックスが早々に剥げただけでなく、汚れを吸いこんだことから慌てましたが、

建築家さん「木が乾燥してささくれるようなら、(塗装)やればいいんじゃないですか~」

と、ゆるーいアドバイスを受け、放置。
で、今回はそれから一年後。
さすがに木目がきれいなナラでも、導管が開いたような軽いささくれがみられ…。
以前から買っておいたオイルを施工した、という次第です。

次回は2~3年後の塗りなおし予定。
それまでお手入れは

←これでやるつもりです。


次回の塗りなおしも同じオイルでやりたいな~と、思います。




↓一人で塗装頑張ったいち母にご褒美クリック☆↓
   ランキング
…塗ったばかりの床に、いちがおもらししてる…。
週末、庭で焼き肉を食べよう…と、思っていたのですが、
あいにくの強風。
急きょ、土間で焼いてみる事に。
焼き肉会
壁や天井汚れそう…。
油煙がスゴイ。排煙しなければ。

もしかして…いよいよ開けるべき??今まで一度も開けたことない天窓を。








天窓位置



←開かずの天窓。

例えば、開けてうまく閉まらなくて(?)雨漏りとかしたら…と変テコな心配から、竣工後一度も触れたことがなく…。

どうしよう。開けるの怖い!
でも、煙スゴイ…。
思い切って…開けるか!!えいっ!!!



天窓


…って、コレしか開かないんだ…。
天窓ってそんなモンなのかしら。
緊張しながら開けただけに、拍子ぬけ。




もちろん、これくらいのスキマでは排煙しきれず…。
油煙は家中充満。
土間で焼き肉できるように、換気扇でもつけるべきだったか??
焼き肉


(←焼き肉は近所の人からもらった行者ニンニクに包んで食べてみた。)






皆さんは焼き肉どこでやってるんですかー?!
家では食べないのかしら。
ランキング
2009.05.07 油はねガード
キッチンで油はねガードと言うと色々ありますが、
うちはこれで代用。
油除け



壺   …二個。










キッチントップの奥行きは1メートル。実際ガードはなくてもいいのだけれど…。
すぐ横に真っ白なバーチカルが設置されているので、ちょっと怖かったのです。
だから、収納場所に困っていた壺を2個置いてみました♪
これがいい働きしてます。ごく稀に遠くに飛んでしまう汚れもキャッチ。
壺の表面は釉薬がつるつるしていて、汚れもすぐ落ちる。
しまいこんでいた壺を表に出せて、さらに実用的に活用でき、私的に大満足なのですが。。。。



いち父「おい、お前。あの壺は景徳鎮だぞ。めちゃ高いんだ。記念に貰った大事な品だしな。あんな所に置いてるけどな~…」

いち母「あ・そうなんだ。てか、そんないいもんなら飾らなきゃもったいないじゃん。私は埃をかぶった景徳鎮に日の目を見せてやったのだよ。そんな文句を言われる筋合いはないよ」←本当は油はねガードとして利用したいだけ。

いち父「…まあ、一個はどうでもいい安物だけどな。もう片方は本当にいいものだからな!」



私的には壺なんて興味ないから、どっちが景徳鎮だの、どっちが安物だの関係ないけどね。
どうでもいいっつーか。
どっちがどっちでも。



どっちが。。。。















。。。。。。。。。。。。。。。。。。































割れた壺

ぎゃーーーー!!!!
うっかりゴツンてフライパンが当たってしまって、ゴロっと床に落ちて…

どどどどっち?コレどっちなの??景徳鎮の方か??
そうなのか???





…でも、まあ割れてしまった事実は事実。景徳鎮だろうと、安物だろうと、覆すことのできない現実ならば、真実を追う意味はないだろう…

壺 修復



気を取り直して修復だー。
アロンアルファ様サマやね





作業台の上にワレモノはいけませんね。



↓そのうち見つかるだろうって思った人はポチっと↓
ランキング
見つかる前にいち父が割ってしまえばいいね、って言ってたヒトもいました。
彼の大雑把な振る舞いに期待。
先日来てくれたちびこさん。
お土産に激ウマ手作りプリンを持ってきてくれました~(アリガトウ
大きいプリンでしたが、結局その日のうちに完食
で、「おなかいっぱいウマイプリンが食べ放題」という喜びに目覚めた私。
早速自分でも作ってみることに。

↓ちょっと写真ボケたけど。初手作りプリン♪↓

以前、お菓子作りが上手なこももさんにいいレシピを教わっていたので、なんとか成功~。



しかし今回特記したいのは、私のプリン…ではなくて、プリンが入っている容器。
これはポダムのホットポットです。
HOTTOPOTO.jpg
耐熱ガラス製の容器を、ホーローメッキ仕上げのシルバーの鍋敷き兼取っ手で覆ったもの。

これは当初、食器…として買おうと思ったわけではありませんでした。
実は薪ストーブに載せてスチーマーとして使おうと購入したものです。
ポダム






こんな感じに。







偶然入ったストーブ屋さんで、これをこう言う風に使っていたんですよ。

ストーブ屋さん「ぐつぐつ沸騰することもなく、いい感じですよ」

へえ、そりゃいいね、って事でうちもその場で衝動買い。
その帰りに別のストーブ屋さんに寄って、こんなものを買ったよ、と言うと、

別のストーブ屋さん「アツアツの鋳物のトップで使うんだ…。ちょっと心配じゃない?」

。。。。。。そう言われてみれば、確かに。
実際に使っているトコロを見て、疑いなく買ってきてしまったけれど、
本当にストーブトップの高温に耐えられる品なの??
慌てて取扱説明書を探したけれど、同梱されておらず…。よく見たら、外箱もない。
調べたら、通常サイズ違い3個セットで販売されているものらしい。
お店がバラして売っていた様子。取説他ないはずだ~。
インターネットで散々調べたけれど、結局ストーブトップで使用できるのか判明できず。
疲れ果てて実物の底にふと目を落とすと、英語で注意書きが。

NOT FOR STOVE TOP USE。

…まじですか。私のつたない英語力をもってしても、間違いなよね。
なんだよー。明らかにだめじゃん



でも、ストーブトップの上でぱ・かーんと、割れる前に判明して良かった。



(↓机の上に置いておいたら、誰かがひどい感じに食い散らかしていた…)
プリン食べかけ
これからはプリン容器として活躍してくれたまへ。


ランキング

耐熱ガラス容器って、ほかどんなレシピに使えるんだろう??


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。