上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時々お邪魔するのストーブ屋さんで教えてもらった煮物☆
ストウブの鍋で作るレシピだったけれど、サルパネヴァでテキトークッキング。
CIMG0008_convert_20090314232030.jpg
<<材料>>
・だいこん 1本(大きめに切る)
・玉ねぎ 1個(細切り)
・トリ胸肉 1枚(一口大)
・粒マスタード 大さじ3
・コンソメ 1個
・塩コショウ 適宜
・水 1リットル

玉ねぎとトリを炒めて、下ゆでした大根を入れ、調味料と煮るだけ。
超簡単!下ゆでも煮込みも、薪ストーブにお任せ。

いち父「体があったまるなあ~♪これはウマい!」

珍しく大絶賛。
粒マスタードが入っている割に、優しいお味なのね。
私的にはもうちょっとパンチがあってもいい気が。トリは完全に味だしの役割だなあ。
大根はジューシー。おでんの大根が好きな人ならハマるかも。
うちは一鍋一日かけて食べちゃいました。




最近あったかいですね~。もうすぐ薪ストーブ話も終わりかなあ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
(食べ物の写真にいち父の素足が写りこんでおります。お見苦しく、大変申し訳ありません)

いち父「俺の足はきれいだ

…まあ…どうだろ。
スポンサーサイト
e0042546_10172652.jpg

F1011182.jpg
小高い立地の我が家。窓の外に見えるのは空。
窓際に設置した薪ストーブは宙に浮いているように見えます。
空飛ぶストーブ…とは言い過ぎですが
青空をバックに炎が燃える光景は、不思議で面白い感じがします。






ところで。
窓際に置かれた薪ストーブ。設計の早い段階から、この場所に予定されていました。
私「窓が結露しなくていいんじゃない?」
窓は結露しません。てか、窓際に置かなくてもしないのでしょう(ストーブの乾燥具合は半端ナイから…)。

そんなことより、薪ストーブの設置場所で気をつけるべきなのは、周りの壁との距離です。
うちの場合、背面に遮熱板をつけませんでした。
それなりの距離を取らなければいけない事は解っていたはず。
でも、それが図面じゃイメージできなかったんですね~。

私&いち父「…あ~…薪ストーブ、こんなにど真ん中なの?!…」

CIMG0010_convert_20090314231946.jpg設置後、あまりにど真ん中すぎてびっくりしたデス。
←背面側こんなに空けなきゃいけないのね。
そりゃ中心に躍り出るよなあ。

この配置のお陰で、家具の置き場に難儀することも。
真ん中にしたいって言ったのいち父だけどね。。。
後悔はしてないのです。でも存在感あります。夏に片付けるものでもないし。



ストーブが薪置き場から近い事も重要ですよね~。
専門書には「乾いた薪は軽くなる」とか、さり気に書いてあるけれど…。重いでしょ!ログバッグ一杯だって、女子は持ち上げられないのでは。。。
寒い中薪を取りに行くのも結構辛いー。

料理をするなら、キッチンに近い方が便利。
家族で囲むなら、断然リビングだし。
汚れが気になるなら土間が楽。
皆さんのブログを拝見しても、色んな場所に設置されてますよね~。
本棚の前に設置した方も見ました!(もちろん遮熱板を使用して)
ちなみに、うちのバーチカルは防燃性です。
掃き出し窓はFIXなので、風で揺れたカーテンがストーブに触れることはないのですが。





薪ストーブに限らず、
暖房器具の置き場所って結構スペースとりますよね。。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
F1010631_convert_20080622235904.jpg
畳スペースに、天井つけの照明がありませんでした。
ソケットはあるものの、照明本体をまだ買っておらず。。。

ブラケットはあるけど、光量圧倒的に足りません。
本も読めないし、薄暗くてとっても不便。

早く照明器具が欲しかったけれど、なかなか買えずに一年経っていました。
と、いうのも、ここの天井高はわずか2メートル。
バランス的に合うモノが見つからなかったのです。






私「一生懸命探しているんだけど、なかなかいいのが見つからないんだよ。。。今度Fさん(建築家さん)に相談してみようかな」

いち父「おれ、いいの発見した。コメリで買ってくる



。。。。。。。コメリ?

コメリとはあの近所のホームセンターの事ですか?

うーん。コメリは好きだけど。。。。
どう考えても私が求めるオサレな照明が売っているとは思えない。。。

いち父「大丈夫だ。俺に任せとけ」

で、買ってきたのが




















。。。。。。。。。



























4955620295489.jpg





コレ











いやー。。。。やな予感はしてたんだよなー。。。。

セールで2000円。値段はかわいい。
だけど。。。これは。。。ナイな。


でもまあ、買ってしまった訳だし。使わないのももったいない。


少し考え、
とりあえず色を塗ってみました。
塗ってる最中、囲っていた障子を汚してしまい、
仕方ないので破いてみたりも。


でこうなりました。








2003_0713_175651-CIMG0004_convert_20090305223330.jpg

 あら。
 案外しっくりきてるじゃない?(笑)











2003_0713_180101-CIMG0006_convert_20090305223453.jpg

 スイッチオンにしてみると、これまた結構面白い雰囲気☆

 放射線状にのびた影の形が楽しい♪








img1034895298.jpg


大甘に評せば、
フランク・ロイド・ライトのデザイン照明に通じる
感じ。。。しないか(笑)








それにしても、
作業はほぼ塗装のみだった割に、いち父のテンパリ様はすごかった。。。。

あんなに機嫌悪くイライラ作業するくらいなら、やらなきゃいいのになあ。
わかってはいたけど、彼はDIY向きじゃないな。
にほんブログ村 住まいブログへ
今日は和風?広域でアジアンって事で…許してくれるヒトはポチっと☆
にほんブログ村 インテリアブログ アジアンインテリアへ
にほんブログ村



hinasama.jpg
畳スペースに飾っていました。

どこに置くか、設計時に考えた方がいい物の一つですよね~。
私は「まあ、どっか空いたトコに飾ろう」位にしか考えていなかったので…置き場が定まり一安心。

ちなみに、しっかり考えた方がいいのはお仏壇の置場でしょうか?
まつり方にもよるのでしょうが、蔑ろにできない物であることは確か。
キチンとしたい人は色々考える事が多そうですよね →仏壇の置き場所について






私が死んだら、空に灰を撒いてくれればいいけどなあ。
お仏壇に手を合わせるより、
空を見上げる度、自分の事を思い出してほしい。。。とかいってみたり。



それにしても、今日もタイトルから脱線してる私。
お雛さまの記事に仏壇って。。。
にほんブログ村 住まいブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。