上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に久しぶりのブログ更新になりました。
と言うのも、私、最近初めての畑仕事に精を出していました。
畑と言っても、うちのじゃありません。義父母の。

仕事の都合で今アメリカに住んでいる義妹一家がいるんですけど、
なんと今回、義父母を招待してくれると!

義父「オレは行きたくないんだよ…。そんなに家も空けてられないし、海外行った事ないし」

予定は3週間~1カ月。初めての海外に不安もあるかもしれないけど、是非行った方がいいんじゃないですか?!
もうすぐ義理妹一家も出向期間終わりそうだし、最後のチャンスかも??

義母「ただね…畑に苗を植えちゃったの。それだけが心配で。娘に今年は植えるなって言われていたんだけど、毎年の習慣で…」

申し訳なさそうに言う義母に、張り切って言っちゃいました。
「今年の畑は私に任せて下さい!!」
... 続きを読む
スポンサーサイト
寝坊した休日の朝。

ふと庭に人の気配を感じカーテンを開けると、
庭の柵を作ってくれた上司が柵のペンキを塗りなおしていました。
携帯ラジオ聞きながら。鼻歌交じりに。


上司の方「いやぁ、いち父君がペンキ塗ったでしょ?
あまりに塗りムラがあるから気になっちゃってねえ。塗り直してた」

ピンポンして下さい。
お茶くらい入れます。


「すみません、朝早くから…。」

上司の方「いや、昨日から始めてる。奥さんに気使わせちゃ悪いと思って。」

お茶くらい入れますから。

「気が付きませんで…」

上司の方「それはそうと、芝。もうちょっと刈らないとだめだね。
でもこんなのは燃やしちゃえばいいんだ。こうやって

って、おもむろにライターで芝に火を放ってますけど!

燃え広がる炎。今塗ったばかりの柵の下にも入り込んで…危険じゃないんですか?

上司の方「ああ 大丈夫だ。俺はこれで自宅の網戸を燃やしたけど

それって大丈夫な範囲なんでしょうか。

上司の方「奥さんいないときに燃やしたら何だと思って、まだ端の方しか燃やしてなかったんだ

って、既に東半分燃やし済み。
なんだかわからないけど私、笑いが止まらない。




上司の方「いち父君、ペンキ塗りとか芝の管理とか苦手でしょう」


確かに…。雑なペンキの塗り跡、上司の方も私も気にしてましたもんね。
せっかく作った力作。仕上げがこれじゃあ、浮かばれないとは思っていました。
そう。
上司の方がいつか塗り直しに来てくれる。そんな気はしていたのです。

「色々ありがとうございます…」

上司の方「あ  そういえば裏庭にお客さんきてるね」


…?



いとこ「ども。おはよう」


いつからか、いとこの植木屋さんが裏庭で測量していた。

ランキング


(←みんな!!ピンポンするんだ!!)





そういえば裏庭に枕木敷いたら…って言っていたような。
見積もりの為の測量かな。


あの、お茶くらい出しますんで!
いち父「うちの上司が庭に柵作ってくれるって言うんだよ」

最近定年退職した上司の方。
なんでも、うちの庭の柵を作ってやろうと言ってくれているらしい。
趣味の大工が高じて、サラリーマンながら専務の別荘(ログハウス)を作った実績の持ち主だ。


建築家さんに相談したら、柵の高さやデザインなどアドバイスをくれた。
なんと、CGまで作って送ってくれた!しかも無料で。感激。。。。

「早速上司の方と打ち合わせをした方がいいと思うんだけど…」
いち父「あー、今日はダメだ。1人でウォーキングしてるらしい。軽井沢から別所温泉まで

え!!  車で1時間半の距離だよね。
どんだけ行動力あんの?? 失礼だけど、定年されたんだよね。

いち父「ん?ああ、そうだな。そのうち時間があいたら言っとくよ」

とかって言っているうちに、
... 続きを読む
そういえば、いち父がせっせと家庭菜園をやっていたようです。

いち父「トマトを植えたつもりだったけれど、よく見たら食用キンカンだった

とか、あり得ない間違いも多々見られたものの、
結果的には、家族3人に十分な量を収穫できました。

きゅうり、トマト、プチトマト、なす、パプリカ、バジル、ブルーベリー、大葉等々。
PA0_0006.jpg




←バジルは相当増えました。
どっちかって言うと、
ソースにする為入れる松の実の方が高くついた…。










PA0_0000.jpg


あれ、写真横になっちゃいましたけど…。

ブルーベリーも豊作。
毎日の収穫を冷凍庫で貯めて、
最終的にジャムにしました。

木を4本くらい植えたようです。

実のなり始めは鳥との戦い。
防鳥ネットを張ったり、へんなカラスの風船で威嚇したり、いち父苦労しました。



フライパンで料理


トマトはほとんどがプチトマトでした。
生食のほかにも、ソースにしたり、カレーに入れたり。






私はほぼノータッチの家庭菜園一年目。
もうすぐ夏の野菜はおわり、秋の収穫に移行する時期です。

ランキング


(無農薬野菜万歳。
 でも自分で育てるのはメンドクサイ←食ふ専門)




2009.07.31 庭プール開き
今になって雨が続いていますが、
梅雨明けのしばらくはプールができるくらいのお天気でした。
プール
甥っ子達も来て、プール開き。
プール2

写真撮り忘れましたが、
流しそうめんもやってみました~
通りかかった裏の家の子たちも強引に誘って・笑

ランキング










最近はとっても、プールなんてできる天気じゃないですね。
豪雨で被災された方々におかれてましては、心よりお見舞い申し上げます。




昔、私が自宅建設場所に検討したある一角は、一級河川のすぐ横でした。
高台に張り出した部分にその土地があり、その下に視界を覆う木々→更にその下を流れる川、というシュチエーション。

いち父「大雨でも降ったら…崩れそうだな」

しかし、希望の地域内でやっと見つけた土地。
購入するべきか、かなり迷った日々でした。
市や県に問い合わせて、護岸整備はしてもらえないのかと、詰め寄ったりもして。
結局旦那とゴム長を履き、上流から崖下までおり、
川でえぐれた断崖絶壁の上に位置するその土地を肉眼で確認して、諦めがつきました。

その後縁あって今の土地の購入に至った訳です。




いち父「あの絶壁の土地に住んでいたら、雨が来るたび不安な思いをしていただろうな」
と、呟くことがあります。

しかし当時の私達には、「そのうちいい土地がでるかも」という余裕がなかったんですね。
ここを逃したら、他はない。
それしか考えませんでした。



同じような気持で決断されて、川近くや地滑り・土砂災害危険地帯などに家を構えた方の事を思うと、
到底他人事とは思えません。



家というのは、シェルター的な役割も必要です。
安心して住める。そういう当たり前の事が大事だなあ、と考えた最近でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。